main_img.jpg

ローダウンがもたらすマイナス要素を排除

サスペンション・チューニングの絶対的な「解」

01.jpgR56シリーズにとっては宿命でもあるローダウン状態でのロール・センターのズレ。ロア・アーム角度不良が引き起こす構造上やむを得ない不具合ですが、サスペンションに手を入れる以上、無視はできません。

ジオミックではこの難題に正面から取り組み、入念なテストを経て最適な角度に補正するための「ロール・センター・アジャスター」を作りました。サスペンション・ジオメトリーに対する独自の理論でボール・ジョイント取り付け位置を見直し、キャンバー/キャスター角を最適化。ローダウンによる低重心化を最大限活かす痛快なハンドリング性能が得られます。さらに同時開発の「バンプアジャスト・タイロッド・エンド」も組み合わせれば一段と精密かつ俊敏にグレードアップ。

本体はS45C材を用いた鍛造製法によって十分な強度を確保。あわせてボール・スタッドやブーツ、ストッパー・ワッシャーなど、組み合わせられるコンポーネントもすべて新しく設計することで比類なき品質のアフターパーツに仕上げています。

■適応車種:R56・R55R57・R58・R59 & GP2
■適応グレード:ALL
■保安基準:適合品
■付属品:セルフロックナット 2個・ドライブシャフトカラー 2枚・ステアリングストッパー2個
■取付けに要する時間:約210分(※4輪アライメント調整を除く)

◆ロールセンターについての、詳しい情報はこちらへ → Column/ロールセンターとは?

02.jpgボールスタッド位置を変更
ロールセンターの定義で誤解されやすいアーム角の補正でなく、ボールスタッド位置を変更しジオメトリーを適正に補正します。

03.jpg鍛造製の本体
鍛造製の本体をはじめ、構成する全ての部品を極めて精度の高い金型より生産しています。

04.jpgドライブシャフトの補正
ジオメトリーの変更に伴うドライブシャフト位置についても、付属のカラーで適正に補正できます。

bn_onlinestore.gif

製品名:ロールセンターアジャスター
商品コード:26231
JANコード:4573149802126
梱包サイズ:60サイズ

希望小売価格:¥47,000(税抜き)

作業時の注意事項
●ジャッキアップ及びリジットラックを使用する際は、必ず平坦な安定した場所で行なってください。また、リジットラック使用時であっても、車両の落下防止の為に安全ブロック等で安全対策を行なってください。●自動車メーカーが発行する車両解説書を熟読し、取付け方法と注意事項を十分に理解した上で行なってください。●走行直後はエンジン本体、マフラー、ブレーキ等が高温になっています。火傷の危険性がありますので各部が十分に冷えてからの作業を行ってください。●サスペンションパーツを装着の際は、必ずジャッキダウンした状態(1G状態)で各部の締め付けを行なってください。ボルト締め付け時には緩み防止のため、ねじロック剤等必ずご使用ください。
使用上の注意事項
●本製品の装着によりトー及びキャンバー角が著しく変化するため、必ずアライメント調整を行なってください。●本製品は保安基準準適合品ですが、車検については検査員の判断が優先されますのでご注意ください。●取付け、加工後のクレーム・返品は一切お受け致しかねますので予めご了承ください。●車両の仕様によっては、ボールジョイント部がブレーキ遮熱板に干渉する可能性があります。その場合、ブレーキ遮熱板を曲げたりカットするなどの加工を施してください。●ヘッドライトレベライザー装着車両は装着後に光軸調整を行なってください。●本製品を装着する事でトレッド幅が変化しますのでフェンダークリアランス等に注意してください。また、ドライブシャフトの作動範囲の変化により、最悪の場合、ドライブシャフトが脱落して走行不可能となる恐れもありますのでご注意ください。●本製品はローダウン仕様車両専用部品です。標準車高の車両には対応しておりません。●装着後にトー調整を行なう際は、タイロッドのネジ山が十分に掛かっていることを確認してください。●車両の仕様によっては、ブレーキローターからの受熱によりボールジョイント本体、及びダストブーツへダメージを与える可能性があります。安全のため、弊社ボールヒートプロテクター(品番:BLP24M)等の装着など、熱害対策を施してください。

TL_aero.gif

TL_suspension.gif

TL_body.gif

TL_performance.gif

TL_brake.gif

TL_interior.gif

TL_wheels.gif

TL_chemical.gif

TL_accessory.gif