main_img.jpg

マフラー以上の効果を発揮するパフォーマンス・パーツ

魂を揺さぶる圧倒的なブースト・レスポンス

001.jpg「せっかくマフラーを交換したのに肝心のレスポンスが今一つ」- ターボ・エンジン搭載車でよく聞かれる不満の原因はただ一つ。ターボ・エンジンで重要なタービン出口直後の排気効率が改善されていないからです。ご存じの通り、ターボとは排出ガスの圧力を利用してタービンを回し、より多くの空気をシリンダー内に送り込む過給器。それゆえレスポンス・アップにはタービンが素早く回るスムーズな排気システムを必要としますが、MINIの場合、タービン出口直後に存在する排出ガス浄化用触媒コンバータが大きな抵抗となっているため、下流側にあたるマフラーをいくら高効率タイプに交換したところで改善効果は期待できず、レスポンスもさほど変化しない結果に至ってしまいます。

ジオミックはこの問題に早くから着目、純正触媒コンバータを徹底的に研究したスポーツ触媒コンバータ「ターボ・キャタライザー」による根本的な解決を図りました。

特徴はタービン・アウトレット/フロント・パイプ/メタル触媒コンバータを一体化させた構造。抵抗削減と同時に浄化性能も満足させなければならない触媒コンバータには国産メタル素材の大径200cpisを採用。内部ハニカム構造も最適化し、保安基準に適合する排出ガス規定値の達成と、背圧を最小限に抑えたスムーズな流れを両立させることに成功しました。
本体は約900度にも及ぶ排気温度に耐える高品質ステンレス製。純正遮熱板が活用可能なレイアウトで設計されています。またタービン・アウトレット・フランジは耐久性や排気の流れを考慮、一般的な板材からのレーザーによる切り出し加工ではなく、すべてに切削加工を施す高度な処理を行っています。
レスポンスだけでなくパワーもアップ。エンジン本来のポテンシャルを引き出すターボ・キャタイザーはコンパクトな中に技術を凝縮したジオミックの自信作です。

■適合エンジン:N14B16A・N18B16A
■適応グレード:クーパーS・JCW
■保安基準:適合品
■付属品:ラムダセンサーコントローラー 1台・ 排出ガス検査証明申請用紙 一式
■取付けに要する時間:約180分

◆加速性能比較グラフ

・参考車両
 R56クーパーS
・グラフ線
 赤色(ターボキャタライザー装着車)/青色(ノーマル)

加速性能比較(30km/h → 125km/h)
【ノーマル車両】9.25sec
     ↓
【ターボキャタライザー装着車両】8.95sec

CAT_graph.gif

ターボキャタライザーを装着する事によりブーストレスポンスが鋭くなり、アクセルをオンにした直後から加速をするように変化。4.7sec辺りのシフトアップでも途切れる事なく加速しています。

※テスト内容 … 2速30km/h(2000rpm付近)からアクセルを全開にし、REVリミットで3速にシフトアップ。そのまま全開で130km/hまで加速させるテストをそれぞれ3本づつ行なった際の平均値。

A01.jpg排出ガス検査証明写しの発行
安心してご利用頂く為にスポーツキャタライザーに交換した車両で車検の際に必要となる排出ガス検査証明写しを発行します。
適合型式:ABA-MF16S(AT/MT)・ABA-MM16S(AT/MT)・DBA-SV16(AT/MT)・DBA-ZC16(AT)・ABA-MFJCW

【排出ガス検査証明申請の流れ】

①製品に付属されている「排出ガス検査証明申請用紙」の全てをご記入頂き弊社宛まで郵送、もしくはFAXにて送信下さい。

  • 郵送での申請の場合 … 〒446-0011愛知県安城市北山崎町北浦2番地 株式会社ジオミック 宛
  • FAXでの申請の場合 … 0566-75-2477 迄

②弊社にて内容を確認後、約2週間以内に「排出ガス検査証明書写し」をお手元に郵送致します。

※「排出ガス検査証明書」は、車検入庫時等に製品を公認パーツとして証明するため必要となりますので、製品装着後は速やかに申請手続きを行なって下さい。また、届きました資料の再発行は行なえませんので大切に保管して下さい。

bn_onlinestore.gif

製品名:ターボキャタライザー for CooperS
商品コード:44111
JANコード:4573149804144
梱包サイズ:100サイズ
排出ガス検査証明適合型式:・ABA-MF16S(AT/MT)・ABA-MM16S(AT/MT)・DBA-SV16(AT/MT)・DBA-ZC16(AT)

製品名:ターボキャタライザー for JCW
商品コード:44112
JANコード:4573149804151
梱包サイズ:100サイズ
備考:排出ガス検査証明適合型式(ABA-MFJCW)

希望小売価格:¥140,000(税抜き)

作業時の注意事項
●ジャッキアップ及びリジットラックを使用する際は、必ず平坦な安定した場所で行なってください。また、リジットラック使用時であっても、車両の落下防止の為に安全ブロック等で安全対策を行なってください。●自動車メーカーが発行する車両解説書を熟読し、取付け方法と注意事項を十分に理解した上で行なってください。●走行直後はエンジン本体、マフラー、ブレーキ等が高温になっています。火傷の危険性がありますので各部が十分に冷えてからの作業を行ってください。●サスペンションパーツを装着の際は、必ずジャッキダウンした状態(1G状態)で各部の締め付けを行なってください。ボルト締め付け時には緩み防止のため、ねじロック剤等を必ずご使用ください。●ガスケットは純正部品の再利用も可能ですが、交換することを強くお勧めします。(参考)タービンフランジ側ガスケット(品番:1830-7574-127)マフラーセンターピース側ガスケット(品番:1830-2756-352)
使用上の注意事項
●本製品は保安基準適合品ですが、車検については検査員の判断が優先されますのでご注意ください。●取付け、加工後のクレーム・返品は一切お受け致しかねますので予めご了承ください。●使用の条件や環境等により、ラムダモニターセンサーからのフィードバック信号の影響でエンジンチェックランプが点灯することがあります。●触媒が本来の排気ガス浄化性能を開始するのは、排気温度が250度を超えてからとなりますのでエンジン始動直後は排気ガスの匂いが出ることがあります。●車検や整備の際には「排気ガス試験結果証明書」が必要となりますので、車検証入れ等に入れて大切に保管してください。●マフラー交換等により排気音量が増加した場合、車検不適合(97db以上)になる可能性がございますのでご注意ください。

TL_aero.gif

TL_suspension.gif

TL_body.gif

TL_performance.gif

TL_brake.gif

TL_interior.gif

TL_wheels.gif

TL_chemical.gif

TL_accessory.gif